×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  


○[The full moon]

――――――――――――――――――――――――――――

  

○[Present]

  

 さよなら、という言葉が頭の奥に残っている。

 それは拭う事など出来ない記憶として、脳の一番深い所に刻まれているのだ。

 忘れようとも思わないし、忘れる事など出来ない記憶。

 ずっとずっと、私が背負っていかねばならない。

 そんな辛くて重い記憶。

   

 毎日毎日。

 何をしていても頭の端にそれはある。

  

 それを重荷に感じる事は無い。

 だが、逃げてしまいたくなる時は、ある。

 そんな時、私は少しだけお酒の力を頼る事にしている。

 何も考えず、感じず、ただ静かに。

 一人傾けるお酒は、とても悲しい味がする。

 でも、同時に訪れる眠気は、夢も見せずに意識を失わせてくれる。

 だから、私はお酒の力に頼るのだ。

   

 今でも夢に見る景色がある。

 此処では無い遠い場所の記憶。

 もう戻る事の出来ない場所。

 重荷では、決して無い。

 でも。

 なら。

 この涙は、何故。

  

 止まる事を知らないのだろう。

    

  

 幸せという感情は、何かと比較する事で初めて生まれる。

 そういう意味では、今の私は幸せだ。

 家族と呼べる人々が居て、笑い合う事が出来る友が居て。

 だが、過去の私も幸せだった。

 家族と呼べる人々が居て、笑い合う事が出来る友が居て。

 何も変わらない筈なのに、何もかもが違う。

 家族と呼べる人々が居て、笑い合う事が出来る友が居るのに。

   

  

 しかし、此処は平和な場所だ。

 楽園と呼ぶに相応しい場所だといえる。

 だから私は忘れないようにしないといけない。

 記憶の奥底に残る言葉の意味を。

 皆と暮らす退屈な日常の中、せめて私だけは忘れずに居なければいけない。

 もう戻れない、あの場所の事を。

    

☆[Recollect]

  

  

 声が。

 声が聞こえる。

 それは大きな声。

 皆が発する声。

 高く低く、声が聞こえる。

  

 それは叫び。

  

 攻める者。

 逃げる者。

 戸惑う者。

 生きている者が上げる声。

   

 皆大きな口を開け、大きな叫びを上げる。

  

 敵を殺せと。

 助けてくれと。

 何が起こったのだと。

  

 声が聞こえる。

 大きな声が。

  

   

  

 その時の私は、声を上げる者だった。

 静かに暮らしていた私達の世界に、土足で踏み込んできた白い人影。

 生気を感じられぬその姿に、私は逃げる事しか考えられなかった。

 だから声を上げた。

 助けて、と。

  

 逃げ惑う人々の中、立ち向かう者は多かった。

 それは家族であり、友であった者達。

 皆、声を上げていた。

 声を上げて、白い人影に立ち向かっていった。

  

  

  

「行って来るよ」

「い、嫌だよ! 一緒に逃げよう? ねぇ、逃げようよ!」

「……さよならだ。レイセン」

  

  

  

 その結末を私は知らない。

 私は一人、故郷から逃げ出したのだから。

 大きな大きな、声を上げて。

      

○[Present]

  

  

 そして数十年の月日が流れた。

  

  

●[Past]

  

  

 声が。

 声が聞こえる。

 それは懐かしい声。

 記憶の一番奥に残る声。

   

 もう二度と聞く事が出来ないと思っていた声。

 しかし、その声には感情が無くて。

 ただ、事実を淡々と告げるのみで。

    

 こんな声を聞くのなら、こんな耳などいらなかった。

 ぴんと立っていた耳を強く握り締めながら、私は声を上げた。

  

   

 此処には、家族と呼べる人々が居て、笑い合う事が出来る友が居る。

 だが、家族と呼べる人々や、笑い合う事が出来る友だった者達は、戦う為にそこに居る。

 幸せだった日々はもう無いのだと、私は涙を流した。

  

  

○[Present]

  

 そして私はこの場所に居る。

 師匠の術は人間と妖怪の手によって破られてしまったが、使者がこの場所にやって来る事は無かった。

 家族と呼べる人々が居て、笑い合う事が出来る友が居るこの場所に、私は居る。

   

   

 お酒を傾けながら、無意識に。

 もう上手く機能を果たさない耳を何気なく弄る。

 すると突然、ノイズ雑じりの声を受信した。

   

 聞きたくない。

 聞きたくない――!

  

 しかし、想いとは裏腹に体は動き、そして――聞こえてきたのは、二つのメッセージ。

 時間の波を越えて届いた、その声は。

  

  

  

●[Old message]

  

「――またお前に逢えるのを、楽しみにしてるから」

  

○[New message]

  

「恐らく、これが最後、だな……。この通信が届くかどうかは解らないが……。

  

 さよならだ、レイセン。みんな、お前の事を待っているから。だから――」

  

    

 声が。

 声が聞こえる。

 それは叫びの声。

 私自身の声。

  

  

「――――!」 

  

  

 空に浮かぶのは満ちる月。

  

 もう、声は聞こえない

 もう、声は届かない。

  

  

 もう、そこへは帰れない。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    

  

  

  

○[This story ends]

――――――――――――――――――――――――――――

○[No message]

――――――――――――――――――――――――――――

 

――――――――――――――――――――――――――――
目次

top