×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  


紅黒。

――――――――――――――――――――――――――――

0
  
 日常というものは、変化しないからこそ日常なのだ。
 変化してしまったならば、それはもう日常と呼べなくなるだろう。
  
1
   
「おーい、霊夢ー……って、いないのか」
 ある日の幻想郷。
 いつものように博麗神社へとやって来た魔理沙は、普段なら居る筈の存在が居ない事に首を傾げた。
「どっか行ってるのか……って、また何か異変でも起こったか?」
 勘を頼りにふわりと飛んで行ってしまう霊夢の事だ。もしかしたら幻想郷のどこかを飛んでいる可能性が高い。
「調査がてらに探してみるか……」
   
2
  
「霊夢? 来てないわよ」
 血色の紅魔館。
 魔理沙の問いに、メイドである少女、十六夜・咲夜はそう答えた。
「神社に居なかったから、ここにでも来てるかと思ったんだが」
 その言葉に溜め息を吐き、咲夜が言う。
「魔理沙じゃないんだし、霊夢がここに来る必要はない気がするけど」
「それもそうか」
   
3
  
「霊夢? 来ていないよ」
 冥界の白玉楼。
 魔理沙の問いに、庭師である少女、魂魄・妖夢はそう答えた。
「神社に居なかったから、ここにでも来てるかと思ったんだが」
 その言葉に箒を止め、妖夢は言う。
「まだ桜には気が早いし、霊夢がここに来る必要はない気がするけど」 
「それもそうか」
   
4
   
「霊夢? 来てない来てない」
 其処にある鬼の住処。
 魔理沙の問いに、鬼である少女、伊吹・萃香はそう答えた。
「神社に居なかったから、ここにでも来てるかと思ったんだが」
 その言葉にひらひらと手を振り、萃香は答える。
「次の宴会は来週でしょ? 霊夢がここに来る必要はない気がするけど」
「それもそうか」
   
5
  
「霊夢? 来てないわね」
 停滞の永遠亭。
 魔理沙の問い掛けに、月人である少女、蓬莱山・輝夜はそう答えた。
「神社に居なかったから、ここにでも来てるかと思ったんだが」
 その言葉に茶を点てていた手を止めると、輝夜は言う。
「もう月を弄る事も無いし、霊夢がここに来る必要はない気がするけど」
「それもそうか」
  
6
  
「霊夢? 来てないな」
 命無き三途のほとり。
 魔理沙の問い掛けに、川の渡し人である少女、小野塚・小町はそう答えた。
「神社に居なかったから、ここにでも来てるかと思ったんだが」
 その言葉を聞きつつ船から下りると、小町は言う。
「花の異変はようやっと終わったし、霊夢がここに来る必要はない気がするが」
「それもそうか」
  
7
  
「霊夢? 来ていないわ」
 そこは幻想郷。
 魔理沙の問い掛けに、尋ねて行った人妖全てがそう答えた。
「神社に居なかったから、ここにでも来てるかと思ったんだが」
 その言葉に、人妖は言う。
「……霊夢がここに来る必要はない気がする」
「それもそうか」
       
   
8
     
「霊夢? 誰だそれは」
 人間の里。
 魔理沙の問い掛けに、ワーハクタクである少女、上白沢・慧音はそう答えた。
「なん、だって?」
 その言葉と魔理沙から目を逸らし、辛そうな色を持って慧音は言う。
「だから、霊夢などという人間を私は知らないと言っている」
「一体、何を……!」
      
……
     
「霊夢という人間は居ない。解るか?」
「……」
  
……
      
「霊夢はもう、居ないんだ」
「……それも、そうか」
      
9
      
「霊夢……」
 独りの神社。
 誰のものか解らない急須で、誰のものか解らない茶葉を使ってお茶を淹れ、誰のものか解らない湯飲みで、霧雨・魔理沙はお茶を飲んでいた。
「誰、だったっけ……」
 その呟きに、彼女は答える。
「誰だったでしょうね」
「……」
     
10
   
「博麗・霊夢」
 幻想の血。
 紫の呼び掛けに、幻想郷の巫女、博麗・霊夢は振り返った。
「魔理沙、どうだった?」
「大丈夫。霊夢の事は忘れていたわ。だから、彼女が悲しむ事はない」
「良かった。これでもう、心残りは無いわ」
   
11
   
「……?」
 夜の神社。
 何をする訳でもなく居た魔理沙は、突然空が光り輝くのを見た。
「……なんだ、今の」
 その呟きに、誰かが答えた。
「なんだったのだろうな……」
     
 目の前には、辛そうな慧音の姿。
     
12
    
「それじゃ」
 博麗の血。
 普段と変わらない風に言って、霊夢は結界の中へと入っていった。境界を操る事が出来る唯一の妖怪、八雲・紫は、目の前に広がる結界を見つつ呟く。
「空が光ったのは役目を果たしたから、か……」
 その呟きに、魔法使いの叫びが重なった。
「――紫!」
  
13
    
「博麗大結界を維持している、その根本の力は何処から来ているか解る?」
 神社の境内。
 悲しみの色を持った紫は、俯いたまま顔を上げない魔理沙に告げる。
「博麗の血。それこそがこの結界の全てなのよ」
 その言葉に、顔を上げる事無く魔理沙は問う。
「……なんとか、出来なかったのか」
「ただ境界を操る事しか出来ない私には、どうする事も出来ない。どうする事も、出来ないの……」
   
14
  
  
  
「……」
 魔法使いが住む森。
 何度眠りに就いた所で、この現実は夢にはなってくれなかった。
「……」
   
「畜生……」
    
     
    
15
     
「みこさん?」
 遠い日の神社。
 神社に集まった子供達を前に、その女は卍傘を軽やかに回しながら口を開く。
「そう。昔からこの神社にはね、代々凄い巫女さんが居るのよ。どれだけ凄いかって言うと、この幻想郷を一人で守れるくらい凄いんだから」
 その言葉に、子供達は驚きと共に言う。
「すっごーい!」
   
16
   
「紫、何話してたの?」
 博麗の神社。
 のほほんとお茶を飲みながら、博麗の巫女は隣へと座る紫に問いかけた。
「んー、ちょっとした昔話みたいなものよ」
 その言葉に、微笑みながら巫女は言う。
「ふーん」
   
「……にしても、今日も平和ね……」
   
   
17
   
   
 変化してしまった日常は、もう日常に戻る事無く進んでいく。
 だが……もしそれが日常になってしまったら、変化する前の日常は異常になってしまうのだろうか。
「……」
 魔理沙には、その答えは解らなかった。
   
   
   
 今日も幻想郷は此処にある。
 彼女の居た日常は、もう戻って来ない。
   
   
   
  
   
   
  
  
  
  
end





――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
目次

top